中年太りのダイエットにランニングは必要?

中年太りダイエット

中年太りになってしまい、体型を若い頃のような状態に戻したいと考える方もいるでしょう。そのためダイエットのためにランニングをしたり、激しいスポーツをいきなり始めようとするのは、少し思いとどまりましょう。
中年太りになっているということは、食生活で食べすぎな状態だったり、運動不足などの方が大半だと予測できます。運動をしてやせようとすることは大切ですが、過度に運動してしまうと体を壊してしまうこともあります。中年太りの状態では、体重が増加しているため、運動をする時に関節などにかかる負担などもかなりのものです。そのため、急にランニングをしてしまうと関節などを痛めてしまう可能性もあります。また、運動不足の場合には、筋力の低下なども気になるところです。そのような状態で激しい運動をしてしまうと、体力、筋力が続かずにバテてしまい、あまりのきつさにダイエットを継続することができず挫折してしまうこともあるでしょう。
そのような状態にならないように、まずは食生活の改善から始めていき、運動もウォーキングや軽いストレッチなどをしていくことで、ダイエットがより長く継続できるように自身で工夫していくことで対策をしていきましょう。

 

 

効率よく脂肪を燃焼するための運動と下準備とは?

中年太りやスタイルを改善するためにダイエットにチャレンジする方もいるでしょう。ですが一度ついてしまった脂肪を燃焼させることは容易ではありません。だからといって最初から諦めて何も対策をせずにいると、スタイルは改善されず、また、さらに太る結果となるでしょう。
脂肪を燃焼させるためには、運動することが大切です。肥満体型の場合には、体を動かすことが苦手だったり、あまり運動をする習慣がない傾向もあり、ある程度体を動かす習慣を身に着けていくことが重要です。ですが、激しいスポーツなどを最初からしてしまうと体に対してかなり負担が大きくなり、ケガをしたり激しい筋肉痛や関節を痛めてしまうこともあるでしょう。まず、体を動かしたりする始める前に、ある程度の期間、体を慣らすようにしましょう。自宅でストレッチを毎日するところから始めるといいでしょう。ストレッチをすることで、体の筋をやわらかくして、とっさの事態にケガなどをしにくい柔軟な体をつくるためには有効な手段です。入浴後など、心身共にリラックスしている状態などで、ストレッチを定期的に行いましょう。下準備としてある程度体が慣れてきたら、外にでてウォーキングなどをして、継続して運動をしていくこと、また適度に汗を流すことで効率よく脂肪を燃焼させていきましょう。