中年太りはなぜお腹の肥満が目立つのか?

中年太りダイエット

若い頃は引き締まった体つきをしていため、特に太ることなど考えてもなかった方もいるでしょう。ですが、加齢に伴い、ふとお腹周辺をみてみると、だらしなくたるんでいることで軽くショックを受けてしまった方もいるかもしれません。
中年太りの場合にはお腹周りに脂肪がつきやすく、またついてしまうとなかなかその脂肪が落とせません。理由としては、若い時期には、なにかと運動をしていることも多く、学生のころならば、運動部に所属していれば、かなり激しい運動をしている場合もあります。スポーツをすることで、特に鍛えるということをしなくても、自然と筋肉がつき、体つきがよくなります。ですが、社会人になり、スポーツを趣味として休日など定期的に運動をしている方は問題ありませんが、特に運動などを習慣化していない方は、徐々に筋力が低下してしまい、特にスポーツをしていないとお腹周りの筋肉はかなり落ちてしまいます。そのため中年太りの場合には、お腹の肥満が目立つ傾向があるため、改善していくためには、スポーツをしたり、定期的に運動をする習慣を身に着けて、筋力アップをはかるといいでしょう。
あまり過度な運動をせずに、軽い運動から始めて、継続していけるように日々心がけていきましょう。

 

お腹回りだけ太るのはなぜかを解説します。
男性と女性の場合ではお腹回りだけ太る理由が異なっていることもあり、元々の体質や運動不足など、人によって様々という解説があります。
男性と女性に共通して食生活と運動不足が原因という場合は、それらを改善するだけで便通が良くなり、お腹回りが痩せるということもあります。
運動やストレッチを行うと筋肉がつき、脂肪を燃焼することでお腹の脂肪を徐々に落としていくことも出来ます。
その際にきちんとした水分補給を行うことで、身体全体の代謝が良くなり体内の老廃物などを排出しやすく出来るため、体質改善にも繋がります。
また姿勢が悪いという人も、お腹が膨らんでいるように見えてしまうため、背筋を伸ばすことで身体全体の筋肉を鍛えることで、お腹をへこませることも可能です。
中でも女性は冷え性の人が便秘になりやすく、便秘になると生理時に体調不良になることも多いため、お腹回りに脂肪がつきやすくなってしまいます。
特に太ってもいないのに、お腹回りだけ太るということは年齢と共によくあるものですが、食生活だけでなく思わぬ病気などが理由の場合もあり、注意が必要です。
女性は特に子宮がある位置ですから、何かの病気が隠れている可能性もあるので、気になる時はすぐに病院を受診することをおすすめします。