女性の中年太りは何歳から始まる?

中年太りダイエット

 

中年太りというキーワードをよく耳にすることもあるでしょう。女性の場合でも中年太りすることもありますが、年齢としては何歳くらいからかというと30代から40代と考えられています。その年齢層になると、ホルモンバランスの乱れや基礎代謝なども低下していくる時期になるため、その影響が体にもでてきます。そのため、若い時期と食事の量などもそれほど大差ないのに、体重が増えていき、体型が変化してしまうことで悩んでいる方もいるでしょう。
中年太りなどによってスタイルが変化してしまったら、できるだけ早く対策をして、スタイルを以前のスタイルに戻すことを考えていきましょう。
生活習慣や食生活などをチェックして、改善点を見つけていくことが大切です。食事の量や栄養バランスなどをまずチェックしてそれほど問題がない場合には、生活習慣を改善していきましょう。生活リズムの乱れにより自律神経、ホルモンバランスなどが乱れてしまい、そのため体にはさまざまな悪影響を及ぼす場合があります。また、体に脂肪がつきやすい場合には代謝機能の低下なども考えられるため、運動不足なども影響していることでしょう。生活リズムを取り戻し、しっかりと睡眠の摂れる生活、また、適度な運動をする習慣を身に着けていき、生活習慣を改善していくことで中年太りを予防、対策していきましょう。

 

40歳前後になると、中年太りに悩む女性が増え始めます。若い頃はスレンダーな身体をしていたのに、急に太りやすくなるのには、いくつかの原因が潜んでいます。
まず、基礎代謝の低下です。中年になると、若い頃よりも筋肉量が減ります。筋肉がエネルギーを効率よく使ってくれなくなるため、脂肪を上手く分解できない状態に変化します。若い頃と同じ食事量であっても、中年太りを発症するのはこれが原因です。
筋肉量が減ることにより、身体をうまく動かせなくなる点にも注目しましょう。身体を動かさなくなると、消費カロリーが減ってしまい、脂肪が蓄積しやすい身体になってしまいます。
女性は40歳頃から更年期に差し掛かり、閉経に向けてホルモンバランスが変化します。ホルモンの分泌が徐々に減っていくため、免疫力の低下や脂肪の分解機能も同時に衰えるようになります。
これらの原因を解消するには、できるだけ太りやすい食事を減らすこと、積極的に身体を動かすことが大切です。
太りやすい食材として知られるのが、砂糖がたっぷりと使われたお菓子や、ご飯やパン、麺類といった炭水化物です。これらに含まれる糖質は消化吸収が早く、脂肪に変わりやすいのが特徴です。間食を減らしたり、炭水化物以外の食材の割合を多めにするなどの工夫をしましょう。

 

 

女性が太りやすくなる時期とは?