更年期太りが起きる原因とそのロジック

ほとんどの女性は45〜55歳くらいの間に閉経を迎え、その前後の期間が更年期と呼ばれています。この時期は心身にさまざまな変化が生じます。
更年期太りと呼ばれる更年期以降の体の変化も、その一例です。原因はいくつかありますので、そのロジックを解説していきます。
更年期太りの原因の一つは、加齢により身体の筋肉量が減少することです。筋肉量が減ることで基礎代謝が低下し、それまでよりもエネルギーが燃焼されにくくなり、やせにくい体になってしまいます。
さらに、女性は閉経によって女性ホルモン(エストロゲン)が急激に減少することも大きく関わってきます。排卵、月経など妊娠に適した体内環境を整える働きをもつエストロゲンは、コレステロール値を正常にし、脂肪の代謝を促す働きもあります。閉経によって、エストロゲンが減ると脂肪が代謝されにくくなり、太りやすくなってしまうのです。
また、更年期以前は皮下脂肪として蓄えられていた脂肪も、エストロゲンの減少によって、内臓脂肪として蓄えられやすくなってしまいます。
基礎代謝は加齢によって低下する傾向にありますから、筋肉量を落とさないよう日常に生活に適度な運動を取り入れることが大切です。