女性の中年太りダイエット法

中年太りダイエット

女性の中年太りにおすすめのダイエット方とは?
年齢を重ねるにつれて痩せにくく太りやすくなるという中年太りに悩まされている女性は多いのではないでしょうか。その原因は基礎代謝の低下にあります。基礎代謝とは生きていく上で最低限必要なエネルギーのことです。何もしなくても消費されるエネルギーのことです。基礎代謝は加齢に伴いどんどん低下していきます。そのため、若い頃と同じような生活習慣を続けていると自ずと中年太りになってしまいます。ですので、女性の中年太りにおすすめのダイエットは、基礎代謝を上げて消費カロリーを増やすという方法です。基礎代謝を上げるためには運動が効果的です。運動により筋肉量が増えると基礎代謝も上がります。体の中でも比較的大きい筋肉である腹筋や背筋や下半身の筋肉を中心に鍛えることで効率的に基礎代謝を上げることができます。筋トレに慣れていない人は急に重い負荷でトレーニングをすると筋を痛めてしまう危険もありますので、初めは軽めの負荷で行いましょう。バランスボールやチューブや負荷の軽いダンベルなどを使用すると簡単に行うことができます。筋肉量を効率的に増やすためにプロテインを摂取するのもおすすめです。筋トレにプラスしてウォーキングなどの有酸素運動を行うと脂肪燃焼効果がアップしてさらに痩せやすく太りにくい体質に導くことができます。積極的に運動をして中年太りを解消させましょう。

 

 

女性の中年太りに効果的なダイエットの食事メニューとは?

年齢が高くなると、中年太りの女性が増えてきます。
中年太りの女性はダイエットで食事制限をして失敗するケースが多くあります。

 

それは、メニューに野菜ばかり入れてたんぱく質を減らすからです。
たんぱく質は、脂肪を燃焼する力があるので必ず必要です。
中年から、更年期にはいり女性ホルモンエストロゲンが急激に少なくなります。
女性ホルモンのバランスが乱れると、肌につやがなくなり体が冷えて代謝も悪くなります。

 

そのために、メニューに取り入れてもらいたいのが大豆食品です。
エストロゲンを増やしてくれる働きがあります。
ごはんを食べない方がいますが、便秘で悩んでい方も多いです。

 

ごはんに食物繊維がたっぷりの、大麦を混ぜてたくと便秘に効果があります。
老廃物が外に出て、血行がよくなるのでダイエットに効果的です。

 

野菜はしっかり食べている方でも、抗酸化作用が強い色の濃い野菜の取り方が
少ない方が多いです。
ほうれんそうや小松菜、にんじん、ブロッコリーなどは積極的に食べましょう。

 

 

中年太りに悩んでいる方は、健康的に痩せることを考えましょう。
ストレスをためても、満腹感を感じられないホルモンが出ます。
気分転換のために、趣味を充実することは大切です。

 

 

女性の中年太りと更年期の関係とは?

男性によく見られる中年太りですが、女性も更年期に入ってくると十分注意をしなければなりません。これにはホルモンの働きが深く関係しているのですが、40代や50代に入るとエストロゲンという女性ホルモンの一種が著しく減少します。これにより基礎代謝が落ちてしまうため、中性脂肪が付きやすくなってしまうのです。
更に食欲が増しやすくなる作用もありますので、上手く自分をコントロールしなければ簡単にお腹周りが大きくなってしまうでしょう。精神的な部分では、更年期はストレスを敏感に感じてしまう時期でもあります。それが関係して過食につながることも考えられますし、結果中年太りしてしまう場合も珍しくはありません。
しかしこの中年太りは、日頃の生活習慣でいくらでも解消の余地があります。まずは野菜を沢山摂って脂肪分の摂取は極力控えてください。最低限メニューと食べる時間などに気を配っておけば、劇的に中年太りが進んでしまうことはありません。体力と同じで身体も若い頃のままというわけにはいきませんから、しっかりとそのときの自分に合った食生活を送りましょう。運動に関しては、毎日家事や買い物に行くだけでもそこそこの効果があります。食生活で補い切れないと感じた際には、日常の中で軽い運動を取り入れるようにしましょう。自覚を高く持てば、中年太りも怖くはありません。

 

 

生理後に痩せるのはなぜか

生理と言えば体のだるさや生理痛など憂鬱なイメージがつきものです。そんな生理ですが、実はその周期を活用するとダイエットが楽になり、特に生理後が最も痩せやすいと言われています。ここではなぜ生理後に痩せるのかその理由を解説します。
生理周期に合わせて分泌される女性ホルモンが影響して女性の身体には太りやすい時期と太りにくい時期が存在します。ダイエットに関係しているホルモンに「エストロゲン」と「プロゲステロン」の二つがありますが、エストロゲンは代謝をよくしたり女性らしい体を作る働きがあります。プロゲステロンは体温を上げて妊娠しやすい体を作る役割があるため、脂肪をため込みやすくしたり水分を蓄えやすくする効果があります。生理後はエストロゲンが増えるため食欲が抑えられ代謝が良くなるのでダイエットに適しています。逆に生理前はプロゲステロンが増加するため太りやすくなっています。また、エストロゲンの増える生理後はストレスが溜まりにくくなる傾向があり、心身ともに最も調子が良い時期なので体重が落ちやすいと考えられます。ダイエットに適している時期はエストロゲンの量が増加し始める、生理の終わり頃から約2週間の間と言われています。
以上の理由から、生理周期とそれに伴って分泌される女性ホルモンによって生理後が最も痩せると考えられます。