メタボ対策におすすめの栄養素とは?

心筋梗塞や糖尿病など、将来恐ろしい病気になるリスクが高まるメタボリックシンドロームですが、メタボ対策におすすめの栄養素がありますので、上手く食品などから取り入れてみましょう。お腹周りのサイズが気になる男女に使える対策法です。
鉄分には血液と酸素の働きをサポートする作用があります。血液と酸素は筋肉と深い関わりがあり、脂肪燃焼に効果を発揮してくれるのが特徴です。鉄分は肉類や豆類、ほうれん草などに豊富に含まれています。
ビタミンDは新陳代謝の活性化に役立ちます。新陳代謝が高まると、エネルギーを効率よく使ったり、脂肪の分解を促すことができます。メタボ対策には大切なビタミンです。サケやマグロなどの魚介類に多く含まれます。きくらげもビタミンDの宝庫です。日光を身体に浴びることでも増えるビタミンですので、晴れた日には屋外で積極的に活動しましょう。
アルギニンはアミノ酸の一種です。研究によってマウスの脂肪を減らすことが実証されています。アルギニンが含まれる食材はスイカです。旬の夏には栄養豊富なスイカを食べましょう。他にも大豆類や肉類、魚介類などに含まれます。バランスの良い食事を摂取していれば、自然に体内に取り入れられる栄養素だといえます。

 

メタボ対策におすすめの栄養素とは?記事一覧

ある程度の年齢になれば、健康のためのメタボ対策は必須といえます。とはいえ自己流で食事改善や運動を行っても、あまりメタボ対策の効果はみられないものです。そこでおすすめなのが、カルニチンという成分を積極的に摂取する事です。これは肉の赤身などに多く含まれ、ダイエットなどのメタボ対策を成功しやすくしてくれる成分なのです。この成分について分かりやすく解説します。カルニチンはタンパク質を構成するアミノ酸の一種...

サポニンを解説すると、植物の葉や根、茎などに含まれる苦みのことであり、健康効果にも様々な期待が集まっています。サポニンも植物によって働きが異なりますので、含まれている食品によって高麗人参サポニンなど、名前も変わっていきます。とりわけ大豆サポニンはメタボ対策などにもおすすめとなります。大豆には大豆サポニンが含まれており、抗酸化作用が抜群に高く、コレステロール値を下げる役割もあります。そのため肥満を予...

最近、クシ酵素が注目を集めています。メタボ対策におすすめと言われているクシ酵素の効果について解説します。クシ酵素は、100%天然の植物酵素です。素材を厳選し、自然の力によって仕上げた自然発酵酵素は、持ち運びが簡単なスティックサイズです。日本では、メタボ対策やダイエットに力を入れている人が少なくありません。もっと簡単にダイエットをしたい、もっと効率的に栄養を補給したい人に適しているのが、自然発酵酵素...

筋力を強化させる際に、クレアチンを使用することで最大限の効果を発揮させる内容が出ていきます。この内容がメタボ対策へ役立つことがわかり、更なる筋力量の強化と内臓脂肪の燃焼へ期待がかけられています。クレアチンの詳細を知ることで、糖質を抑える炭水化物を優先して摂取していく体つきが手にいられるようになるため、代謝を促進するエネルギー効果について分析してみることが重要です。筋力疲労に伴う成果をしっかり判断す...

近年、国民病として認知されてきたメタボリックシンドロームは、そのまま放置してしまうと心筋梗塞や脳梗塞といった、命を失う危険性もある大きな病気を招いてしまう原因となります。メタボ対策には色々な方法がありますが、おすすめなのが「クロロゲン酸」という成分です。この成分にどのようなメタボ対策効果があるのか、解説したいと思います。この成分はポリフェノールの1種です。特にコーヒーに多く含まれています。取り入れ...

メタボ対策には、にがりが効果的です。解説によれは、にがりは豆腐を作る際の凝固剤として利用されており、塩化マグネシウムなどの成分が含まれています。マグネシウムは、痩身効果が高く、さらに糖質代謝を促進させることも可能なことから糖の吸収スピードをダウンさせることも実現します。また、医薬品の中には、下剤としてマグネシウムが配合されているものもあります。マグネシウムを摂取することで便秘解消などを期待すること...

カルニチンとはアミノ酸の一種であり、人間の体内において自分で作ることが出来る栄養素です。体内でのカルニチン生成は、必須アミノ酸であるリジン・メチオニンを材料として肝臓で作られ、エネルギーを生成し体内に蓄積しやすい脂肪燃焼を促進する働きを持ちます。リジンには疲労回復・集中力向上・肝機能向上・ヘルペス予防改善・脳卒中発症予防などの効果があり、メチオニンには同じく肝機能向上効果、そしてアレルギー症状緩和...