30代になって急に太り始めてしまうその理由とは?

中年太りダイエット

30代から急に太り始めてしまう理由はいくつかあります。まず、基礎代謝が年々低下する事です。定期的に運動しないと一日で消費されるエネルギーは減りつつあります。若いころと同じような食事を続けると、自然と消費されない分が蓄積され、余分な脂肪になってしまいます。女性ホルモンの減少も始まります。エストロゲンが減少する事で、身体の脂肪を燃焼させる働きが低下します。肌のコラーゲンも減少して潤いも保つことが困難になります。また、筋肉の量が減ることにより、セルライトが出来やすくなってしまいます。セルライトは太ももの周りからお腹、お尻についていきます。一度ついてしまうとなかなか除去する事は難しくなります。これらが進行すると冷えや血行低下の原因になります。この悪循環でますます太る事になるのです。30代からは食事の仕方や量、運動などを生活に取り入れていくことが大切です。食事はサラダやスープを先に食べ、たんぱく質、炭水化物を食べるようにしましょう。食事時間をゆっくりして、良く噛んで食べる事で量を抑えましょう。筋肉を付けるために、ストレッチや筋トレなどの軽い運動を取り入れましょう。普段の生活も運動の一部と考え意識して行動しましょう。筋肉が戻れば、代謝も良くなり、体型も維持できるようになるでしょう。

 

40代に適しているダイエット法とは?

40代になって太りやすくなったと感じたら、今すぐにダイエットに取り組むことをおすすめします。中年以降は若い頃よりも太りやすい体質に変化するため、早めの対応が必要です。
ポイントになるのが、食事と運動、そして生活習慣です。これらの要素をほんの少しでも変化させれば、40代からでも十分にダイエット効果が得られます。
若い頃のように甘いもの、脂っこいものをたくさん食べると太りますので、栄養バランスに配慮しましょう。基礎代謝が落ちている年齢ですから、お腹いっぱいに食べるのではなく、腹八分目を守るようにします。
ビタミンやミネラル、食物繊維の豊富な食材を選びましょう。夜食は太りやすいため、20時以降の食事の摂取を控えるのがポイントです。
筋肉量が低下していますので、定期的に運動して、筋力アップを目指してください。きつい運動をする必要はありません。スクワットやウォーキングなどでも十分です。10分程度身体を動かすだけでも基礎代謝を上げることができます。
ストレスがたまると太りやすくなると指摘されています。自律神経を安定させるために、生活習慣の乱れを改めるようにします。十分な睡眠時間と、リラックスできる状態を生活の中に取り入れましょう。